HTMLとPHP

HTMLとPHPはぜんぜん違うものです。
後々混乱しないために、 HTMLとPHPの違いを感覚でつかんでおくといいです。
HTMLは、ここはこう表示しなさいという指示の寄せ集まりです。なので、ミスしたところは変な表示になりますが、とりあえ全部が表示されます。
こんにちはを文字で表示しなさい
<strong> こんにちは<strong>
PHP はプログラム
PHPは一番上の行から1行すつ、順番に「実行」されていきます。 HTMLが「こう表示せよ」なのに対し、 PHPは「こうせよなのです。数あるこうせよの中の1つが print 命令で、それが表示せよです。つまり、 PHPの方がはるかに強力な力を持つのです。 こんにちはを文字で表示しなさい、という HTML 文を表示しなさい
print<strong> こんにちは</strong>;
HTMLは甘く、プログラムの世界は厳しい
HTMLは表示の仕方についての指示がほとんどなので、間違えたとしても大したことには なりません。それに対し、プログラムはなんでもできる分、何かあったら大変です。エラー があれば動作すらしません。意外にもベテランのWebクリ工イターの方ほど HTMLが体に染み付いているために、プ ログラムの仕組みで混乱する方が多いのです。 HTML とPHP の違い分かりましたか?ん~、よく分からない…という感じでも、とり あえす先にいきましょうか。
分からない人は、PHP入門のC60で1日でできるPHP入門講座があります。

コメントは受け付けていません。